So-net無料ブログ作成

クリエイティブの発祥時期 [ときめき]

クリエイティブの世界って、だれでも出来ると思っている。

あの子が出来るなら、あなたにもできるよ

って親や周りが背中を押してくれさえすれば。。


子供の頃から絵を描くのが好きで、何か作ってみたくなる性分。

何でそうなったのか。

そこを深堀りしてみる。


私の影響元は、母親にあると思う。

子供の私が描けないものを本気で見せてくれていた。

女性像を描けば雑誌のモデルのようにキレイ。

誰かにカードを送る時に相談すれば、私よりだいぶ素敵に描かれてしまう。

家にいておままごとしたい時は、画用紙でおでんのタネ作ってお店ごっこ。

私よりも小さく、本物そっくりに色づけして。

どれも友達とは味わえない刺激だった。


さらには私の課題に母親の意見をぶつけてきたり、

もっとこうした方が・・と手を加えられることもあった。

普通はそんなことされたら、兄弟のように

自分の作品を汚されるとか、認めてくれないって

感覚をいだくと思うのだけれど、

私は違い、『勉強になるなあ』という感じだった。

作品に関しては、母というより先生の感覚だったのかもしれないな。


そして、「あなたもできるわよ」と一言。

私は本当にそうなのか、確認したくなる。

自分なりの満足いくものを見せたら褒めてくれるので、

もっとうまくなりたい、

って思いつづけた。


途中で過去の自分を振り返ると、

確実にうまくなってる。

ということは、

もっと描けばもっとうまくなるって思考になるんだよね。



その確信が定着すると、

母親に褒めてもらえるようになっても、

いつもいつも

もっとこんな風に描きたい、

あれを見なくても描きたい、

字はこんな風に書きたい、

頭の中の形を、具現化したい、

自分の表現方法を見つけたい、

あれ試してみたい、

という興味の渦がグルグルする。


気づいたときにはすでに、

底なしのパワーがみなぎっちゃっているもの。

それが好きなことなのだ、と思う。


今では似顔絵描いたら喜んでくれるし、

その感性に共感してくれる人には何か頼まれたりもする。


コンクールとかコンテストは好きじゃない。

自分が愛していればいいと思う。

それをビジネスにしたいなら別だけど。



もし親として子供に何か興味を持たせたいのであれば、

本物を見せること。

やりたいことをやっていいのだし、できると背中を押してあげること。

落ち込んでいたら、そこに対する情熱の存在を教えてあげること。



ちなみに、

なぜ絵を選んだのかというと、

紙と描くものさえあれば、あとは何もいらないから。

すべては脳の中で生み出されるし、

お金かからないし、

目の前にスペースがあればどこでもできる。


あと黙々とやっていれば手もかからないだろうし・・

っていうのは大人の私だから言えることね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。