So-net無料ブログ作成
検索選択

エイゴの青(ブルー)〜義足のシングルファーザー〜 [家族]

ステンドグラス作家である川島晋一に密着した、ザ・ノンフィクションを観た。

事故で両足を切断。

離婚で三人の子供を引き取り、奥さんが一人を引き取る。

作家活動と教室運営で家族を養っている。



私はそこで “ 親子のすれ違い ” を観ることができた。


父として、「獅子は子を谷底に落とす」と自ら発し、

彼なりの子育てとして、子供達に厳しく怒っていた。


海へキャンプに出かけたある日、

父と火を囲んでいた反抗期の次男が、勇気を出して言った。


「人のものを勝手に壊さないで。

 自分で出来ないことは言わないで。

 ストレスを子供で発散しないで。

 それだけ。」と。


親にとっては言われたくないことだろう。

でも子供にとっては、唯一の親に対する叫びだ。


よく言った、と思った。


私はまだ、そんなに研ぎすました言葉で、親に不満を言ったことがない。

幸いなことに、そこまで傷つかずに済んでいるからかもしれない。


親が思っている以上に、

子供は対等な “ 横の目線 ” で親や世間を見ている。


子供のリクエストに応えたり、

自分の時間を使って得たお金で、何か買い与えたりして、

こんなに手をかけてやってやってるじゃないか。と思っても、

手をかけることが全てではく、子供が本当に求める愛は他にもある。


“ 未熟で何も出来なくたって、自分に向き合ってくれる ”

この実感が欲しい。


本当は親の方が、

本質が分かっているはず。

子供に伝えたい愛を抱えているはず。

でも、その親自身が、誰かが向き合ってくれている実感が少ないのが、現状のような気がする。


大人になっても “ 横の目線 ” でいてくれる、ものを言ってくれる

友人が川島さんにはいる。

自分を認めてくれる存在が “ そこ ” にいてくれるためには、

まず自分が “ 横の目線 ” を見失ってはダメなんだ。


それを無邪気に表現してくれるのが、子供だと思う。


「親のチカラ不足」は、身近な存在への感謝で変わるんじゃないか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。