So-net無料ブログ作成

尾木ママ “ いい子症候群 ” からの、脱出!その2 [パーソナル]

引き続き、「いい子からの脱却」について。



ある日TVで、(ほんとテレビっ子)

心屋仁之助さんがお悩み番組でおっしゃった言葉。

「何も頑張らなくても、自分は愛されている、と心から思えることが自信だよ」

記憶から書いているので、まるっきり同じじゃないかもしれませんが

こう聞いたときに涙がでました。

私にはその考え方なかった、と気づけたから。


そのように自分を再認識してからとても楽になったの。

同じ頃(2014 1月頃)パニック発作も起こり、心のキャパも知れた。


キャパを知ると視界に変なフィルターがかかって、

脳が発作起こさないように?警戒するような感じになったけど、

今現在はそれすら薄くなっている。


どんな要因でリカバリーにつながったのか、考えてみた。


●  “ 表現系 ” の授業が楽しかった

国語、英語、図工、美術、音楽

子供のころから絵を書くのが好きで、そこで楽しく憂さ晴らし出来ていたのかも。

絵を褒められるのは、私自身を褒めてくれているようで、全然苦じゃなかったもの。

今も上手くなりたいと思う程。

表現できる技術はいくらでも欲しい。

ストイックに自分と向き合って、苦しみや苦難を乗り越えて得る自信は、

ここから得たと思う。


得意なことがなくても、

日々思うことを紙に書き出してみるだけでもスッキリしたり。

言葉に出すことも表現の一つ。


● 本を読む

学生時代なんて全く出来なかったのに、

社会人になってから厳しい労働環境から這い上がりたくて、

危機感からビジネス書やら自己啓発書をひたすら読んだ。

自分では体験しきれないことを教えてくれるし、

内省させてくれる。

いろんな経験を活かす図太さ、マインドを得ている。


● 親の柔軟さ

自分は自分、人は人。

というしつけだったので、人と比べることにハマっても抜けられる状態であった。

いい子であることも、そのままの自分であることも

絵を通じて褒めてくれたから、

不満はあるけど、感謝もしている。

完璧な人はいないんだと分かる。


あと親に言われてきたこと以外のことをするって、

“ 裏切り行為 ” ではない。

親が自分の行いを見直すいい機会だと思う。


● 恋人の存在

長年一緒にいてくれる人がいる。

その人の前では、なぜか “ いい子でいたくてもドジばっかり出ちゃう ”

そしてそれを安心して見せられる存在は、彼以外いなかった。

プライド高い人には、こういうドジがうっかり出ちゃう恋人もいいかも^^


止まない雨はない。

明けない夜はない。

そう思って頑張ってきてよかったと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。