So-net無料ブログ作成
検索選択

3/8 国際女性デー [パーソナル]

女性の権利、社会参加、差別平等、世界平和を目指すとともに、

女性に感謝を表す日。

名古屋では、本日ウィメンズマラソンが行われた。


YouTubeでは、若い女性に向けて、

応援メッセージを発信するキャンペーン “ #DearMe ” が。


私もこの日に、出来ることをしよう。

今までの自分に、今の私からメッセージを送ろう。



我が家の母は強い。母の母もまた強い。

私は二人の強い女性によって育てられたので、外的な要因で、

男女でヒエラルキーを感じたり、

男女の差を叩き込まれたり、

自立の道を閉ざされることは少なかった。


むしろ、男性や親に頼ることなく生きていけるように育てられた。


一方、女性としても幸せになるように温かい目もあったし、

好きな事をさせてもらって、

自立すると同時に、自由である状態であった。


今、30歳という年になって、そのことに感謝できていることを報告しよう。


どんなに恵まれた環境であっても、

その本質に気づくことが大事だと思う。



自立の教育として、

「今頑張っておかないと、後で誰も助けてくれないよ」

という強迫観念が常にあった。

「自分で何でも出来るようになっておかないと、困るのはあなたよ」

「人は人、自分は自分」


この観念により、自分がどう困るのか、どんな人間なのか、どうなりたいのか、

常に自問自答。内省してきた。


正直これは楽しくも何ともない。

自分を防衛するために、予防線はって、武装して、丸腰ではいられない。

ふざけないから、つまらない、怖い、とか言われる。

距離感が必要だ。


人に頼らないことしか考えてないから、

自分の考えにとらわれがちだし、人の話・チカラに身を委ねる術を知らない。

だから答えを見つけるのに時間がかかる。

不器用。抱え込む。

先の安心・夢のために今を使ってしまう。

楽しみや誘惑に目もくれず、世の需要と逆走してきた。


でも、こんな状態でも

人との出会いに諦めず寄り添うことによって、

“ 自分の生き方がどのようか ”客観視できたのだ。


自己解決能力はもう大丈夫。十分にある。

好きな事も、やりたいことも悩まない。

幸せになることを恐れない。

幸せになるために頑張ってきたし、

同じように、幸せになるべき人と一緒にいたい。



もういいよ、頑張らなくても。

これからは楽しみたいこと、人の温かさに触れたいこと、

今までと違うこともにも目を向けられるよ。

そうして幸せつかんで、大事な人達に笑顔と感謝を見せていけるよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。