So-net無料ブログ作成

変わったな、と言われたら [恋愛]

彼に「君(お前)、変わったよ」とがっかりされるシーンがよくあるけれど、

女性の本音はというと、

「もとからよ」とか「急に変わったんじゃないわ」となる。


男性がなぜそう思ってしまうのか?

なぜ明確に変化するまでに気づいてもらえないのか?



こんなことを聞いたことがある。

“ 男性は女子の見た目から、内面やこれから先を想像する ” と。



・・そしてピンときた。

女性は自分が “ 人 ” としてどうなのか?

という問いかけの前に、

女として魅力的になる為に、雑誌やTVから理想の女性像を見いだすことがよくある。

好きな人のタイプや、自分に持ってない魅力を持った女性と、

自身を比較して、そこを埋めようとする。


そうなると、元々持っている本質と、違うものが外見に表れたりするのだ。


ある女性の例で言えば、

一見、華やかで・サバサバしてて・気が強そうな見た目と、

かまってほしくて・毎日電話したくて・必要以上に尽くしてしまう内面。

逆もしかり。

このギャップが実は男性を悩ませてしまうのではないかと思う。


付き合い始めは見た目と、外見に合わせたフリで上手くいくかもしれない。

でも女性も相手に分かってほしくなって、愛されたい内面を見せていく。

男性は始めの印象を信じきっているから、

その変化を真っ先に本物だと認識されない。


女性には出会った時の印象のままでいてほしいのではないか。

と、あの時聞いたことは間違っていないのかも、と思った。


私ももちろん経験している。

ただそれに気づいて、

出会った頃の雰囲気を思い出して、

自分の変化と思っていたことが、元々の私だったと説明したり、

思いつく限り、傷つけたことを謝った。

距離もとったし、

年単位でそんな関係が続いた。


やっとニュートラルになった(と思う)

喧嘩も一切ないくらい、おたがい嫌な面を出さなかったのに、

今は冗談で相手をつついたり、嫌なこともネタにできる。


ということで、私の結論としては、

“ 女性は内面を外見に表すといい ” ってこと。

着飾りたいようにしてもいいけど、すこしでも自然体を大切に。

後で分かってほしいと思うことを自分の味にしちゃうくらいに。


「自然体の自分を好きになって、それに共感してくれる相手」

に出会えるといいな。

コンプレックスは、視線の先に。 [恋愛]

ほんとにコンプレックスと向きあうって疲れるよね。

大人になったら、
あの時ああしなければ、体系に悩むこともなかったのにとか思えるのに、
思春期の過ごし方なんて誰も教えてくれないし、
アンテナの張り方も独自だし、
スマホなんか無かったし。

でも悩んでいてもしょうがないから情報をつかもうと
雑誌を見たりしたけれど、
服とかコスメとかオシャレな情報より、
モデルの脚とか、キレイな肌とか、サラサラの髪に
目が行っちゃってどうしようもなかったな。

街中でもそう。

今ではその必死さに笑えるようになったよ。


私が変わったのは、
好きな人がコンプレックスだと思っていたことを褒めてくれた時。

ほんと理解できなくて、すぐには喜べないし、信じられなかった。。

でも事実だった。


例えばこんなこと。
・一重でたれ目 → きつい顔が好きだよ たれ目でも
・もたもたと行動が遅い → 遅いと思えばハッキリ言うけど、マイペースが良い時もあるよ
・広がりやすく癖の強い髪 → UPにした時とか、適当にカールが揺れて良いよ
究極は
・歯並び悪い → ガチャガチャしててかわいいじゃん
         強制したら別れる!
         そこが一番いいんだから!

ものの言い方、、と突っ込みたい時も、
順位そこ?とも思うんだけど、
そう言ってくれるのであれば、コンプレックスも磨けるかもと思えたね。

一重でも、良いと言われた時のメイクに気づいてそうしたり、
もたもたしないと意識して、前準備とかして、挽回できるように頑張ったり、
本当はストレートな髪型の方が好なんじゃとか思って、アイロン使ってアレンジしてみたり、
歯磨きしづらいけど、定期的に歯医者に行って、クリーニングしたり。


それでだいぶストレス減ったように思う。
自分が納得するような女、じゃなくて、そこに笑顔があればいいよねって。

メディアからの 「こうじゃなきゃ」 っていう文句に執着しなくてもいいんじゃない。

彼はそう思っていないかもしれないし。

メディアの先の売り手に好かれるのではなくて、
目の前にいる人に愛される自分に。



きょうは会社休みます。花笑という女 [ネタバレ] [恋愛]

暖かいココアを飲みながら、録画しておいた最終回を見終えた。


君のままでいい。
言いたいこと言って、好きな事をして、側で笑ってくれたら。
リラックスして話せるんだ。

このような女性が男性から最終的に言われたいであろう言葉とともに
プロポーズされたけれど、断った。


花笑は、
いくら瞳が、華やかな雰囲気で恋愛に奔走していようが動じない
ファッションは媚びない
自分が恋愛にウブだという認識がある
素敵なお家で家族に愛されて生きてきた、女だ。

そして唯一の友達である一華に散々相談して
プロポーズされた相手に信頼のお墨付きをもらいながらも
ときめく自分の感性を貫く女だ。

てことは最初から一人で戦えるし、
見ていて恥ずかしくなるような彼の愛情表現にも、
逃げずに受け止められるだけの度胸もあるのだ。

自分に自信がなきゃそうはならない。


そして付き合うなら、
先に答えを差し出してくれる人よりも、
お互いに不器用さや未熟さに気づき、一緒に歩んでいく人がいいのだ。

理性より本能。
条件より気持ち。


良くも悪くも強かで、いい女ではないか。

これは果たして “こじらせ女子” なのかね?


私的には、
必死に目を大きくしたりしてかわいく見せても、
電車でのマナーがなっていないような
女子の方がよっぽどこじれて見えるのだが。。

“女子力の高い女” からみたら、こじれているのかもしれないね。

男とのつりあい [恋愛]

ランチタイム。
男性目線について熱くなった。

男性が女性と付き合う時、どう考えてそう?
女性から見る男性の頭の中というのはファンタジー、でもおしゃべりは止まらない。


エピソードを聞く。

後ろ姿に近付いていって、
振り返って思ったような子じゃなかったら逃げて行く、とか

顔が可愛いのに足太かったら残念に思うんじゃないか、とか

身長が低いと足が短いし、スラッとじゃなくてチマッとするのが嫌、とか

顔さえよければ性格はどうでもいいんじゃ、とか。

何だかひどい例ばかり。。
コンプレックスはあっても、そこをいいと思ってくれる人もいるから、
そこから裏を読むように考えなくてもいいんじゃないかと今なら思えるが。

現実は傷つくことも沢山あるか。

自分を開放しないままだと、情報や遠慮や人目や条件を気にするあまり、
思ったように恋愛出来なくて、
結果心の奥深いとこまでは満たされずに、満たす方法を見つける前に、別れちゃう。

嫌いになったわけじゃないのに何故か別れがくる。

そうして心の奥で傷ついちゃうと表面上で気軽な恋愛や、
叶わない恋や妄想で満足したつもりになったり。

中身は大事だけど、それだけじゃダメなんだと、なんだか社会から責められるような。

本当はただただ、大好きな気持ちを伝えあって、見つめあって、
笑顔になれる、シンプルな事なのに。

考え始めるとループのように止まらなくなって、お風呂で泣いて、一時中断。
こんな繰り返しだと疲れてしまうよね。


こじらせ女子と言われるけれど、ほんとそれ多いと思う。
私もそうだと思った。
なんでこじれてしまうんだろう。
女子がこじれているから男性が草食と言われたり、二次元に行ってしまうような気がする。。
そのねじれをどうほぐしたらいいのか。

着飾る前に、しらける前に、愛を知っとかなければ。

自分が外見にとらわれていては、
外見にとらわれている男性に目がいってしまいそう。


自分を愛せば、自ずと愛してくれる人に気付くんだから。

恋に恋してみなきゃ解らない [恋愛]

子供の頃から恋に恋してきた。
映画やアニメ、祖父母や両親の夫婦生活も見ながら、自分はどんな恋愛をしたいのか。

恋愛の基盤になったものの一部を記録。
1984年生まれなので、アニメとかは再放送だったかもしれないけれど、
今振り返るとちょっと “おませちゃん” かしらね。

アニメ・・1983-1985年 キャッツアイ、1987年- シティーハンター、
1989年 らんま1/2、1989年- ルパン三世、セーラームーン、

ドラマ・・1994年 男嫌い、1995年 フルハウス、1996年 ロングバケーション

映画・・1987年 ダーティーダンシング、1998年 ファミリーゲーム、1999年 君のいた永遠、
2003年 ヴァイブレータ・恋愛適齢期、2005年 Mr.&Mrs.スミス、2006年 ホリデイ、
2007年 愛の流刑地、2008年 それでも恋するバルセロナ、2010年 食べて、祈って、恋をして

友人の恋愛模様も当てはめてみると面白いし。


冗談を言い合いながらもロマンティックな雰囲気にもなれて、
一緒にいるとお互い笑顔になって、
言いたいこと言うけど、愛していて、
尊敬し合う恋愛。
好きになった人と共に歩みたいか、
自分がこうしたいからしてるっていうのが大事。


恋愛は大自然のようにコントロールできるものじゃない。

でも意志は持てる。

上辺だけじゃなくて、心も体も満たされたい。


キスの音から興味が始まり、理想のメイク・ラブも随分研究したし、
彼にはどんどん話すよ。
恥ずかしいけど、とりあえず言ってみるの。
ハグしてほしいな、こう触ってほしいなとか、
してもらったら良かったことと、ありがとを忘れずに。
話したところで全ては伝わらないから、
少しずつ耕す感じで。


こうやって恋に恋してきて、解ったこと。

ステータスやスペックで選ぶような恋愛より喜びが大きいかな。
自分を愛すると、相手に愛されてるか解る。
何が欲しいのかはっきりさせると、欲しいものが引き寄せられる。

取りにいくと楽しいってことだ。



幸福の黄色いハンカチを見て [恋愛]

女性を想って男性が身を引く

君には幸せになって欲しいから、
いい人がいたらそっちにいきな

君の為に自分はそれしかできないんだ


これって優しいつもりだろうけど、
私は悲しいと思うんだ。


だって私はあなたと歩みたくてぶつかってるのに、
あなたは逃げてる。
他の人に押し付けようとしてる。
あなたと幸せになりたいのに、
あなたはそう思ってないってこと?


女性が根気よくあなたが必要だと伝えるか、
改めて考えさせられるような偶然に出逢わなければ、
その縁はどこかへ行ってしまうかもしれない。
どうかセレンディピティーを。


でも女って強いから、この人だと思ったら振り向くまで待ってるわ。
男もこいつだと思ったら気にかけていてね。


あなたが何をしようと、何を好きだろうと、
あなたが好きよ。
立場や資格なんて、女にとっては取るに足りないもの。
幸福になるべきあなたと一緒にいたい。

一人で決めないで。
こちらも歩みを揃えるから、
あなたも私を見てね。


気が遠くなりそうな歩みの中で、
目印を見つけて、
ハッピーエンドで良かったね。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。